歌詞に和訳をつけたり、外国語学習を記録するためのブログです。あってるかはわかりません。

Bangladesh mourns victims of Dhaka cafe attack / BBC

途中まで。

 

バングラデシュやばい😵とか思ってたら友達からインドに2年留学するって報告受けた。私は南アジアは無理だなって最近よく思うよ。

 

www.bbc.com

 

Bangladesh has declared two days of national mourning for those killed when Islamic militants stormed a cafe in the capital, Dhaka.

バングラデシュは、首都・ダッカにおけるイスラム教徒の過激派によるカフェ襲撃の犠牲者への2日間の国喪を宣言

 

Twenty hostages, most of them foreign, were killed in the attack. Two police officers also died and 30 were injured

20名の人質がこの襲撃によって命を落とした。多数が外国人であった。2名の警察官も犠牲となり、30人の怪我人が出た。

Bangladeshi commandos rescued 13 people after a 12-hour siege, killing six gunmen and arresting another.

バングラデシュの特殊部隊は12時間の包囲攻撃の後、6名の武装犯を殺害、他1名を逮捕、人質13名を救出した。

Nine Italians, seven Japanese, one US citizen and an Indian were among the dead. One Italian is unaccounted for.」

9名のイタリア人、7名の日本人、そしてアメリカ人とインド人各1名が犠牲となり、イタリア人1名の行方が不明となっている。

Bangladesh's home minister said on Sunday that the attackers were not from the so-called Islamic State group, but belonged to a local militant group, which has been banned for more than a decade.

バングラデシュの内務大臣は日曜日、犯人はいわゆるイスラム国の関係組織に属する者ではなく、地元の武装グループに属していたとし、そのグループは10年以上に渡り活動を禁止されていたと述べた。

"They are members of the Jamaeytul Mujahdeen Bangladesh," Asaduzzaman Khan told the AFP news agency. "They have no connections with the Islamic State."

「彼らはJamaeytul Mujahdeen Bangladeshのメンバーであった。」 とアサドザマン・カーン氏はAFPニュースに語った。「彼らにイスラム国との関連はない。」

IS had earlier released photographs of the alleged attackers posing in front of a black IS flag.

イスラム国は、イスラム国の黒い旗を背にした犯人と思われる者たちの写真を早くから公開していた。

Meanwhile, fresh accounts from survivors have emerged.

一方で、生存者による新たな証言が上がってきている。

 

 

Bangladesh at crossroads as violence hits

暴力行為の十字路にあるバングラデシュ

Is extremism on the rise in Bangladesh?

過激主義はバングラデシュで勢力を広げているのであろうか

 

Argentine chef Diego Rossini told how the gunmen burst into the Holey Artisan Bakery on Friday evening with bombs and machine guns.

アルゼンチンの長官、ディエゴ・ロッシーニは、金曜午後、爆弾と銃で武装した集団がどのように事件現場に押し入ったのか、証言を述べた。

"I can't still believe this happened," he said.

「この様なことが起こっただなんて、いまだに信じられません。」 と、彼は言う。

"It was like a movie, they pointed their guns at me and I could hear shots passing by. I was very, very afraid."

「まるで映画のようでした、彼らは銃口を私に向けたのです。弾丸が私の横を過ぎたのが聞こえました。大変恐ろしかったのです。」

He said he escaped by running to the cafe terrace and jumping on to another building.

彼はテラスへ走り、他のビルに飛び移って逃げたという。